自画像野中 聡子

人物紹介
・おしゃべり大好き
・実験好き
・かなりタフ
・元陸上部、江面研最速!?
・ワイン好き、一回飲んだら止まらない
・くまのプーさんを敵視してる?
・愛車はBe-1(AT)ときどきエンストあり

研究テーマ
「植物への遺伝子導入効率を向上するAgrobacteriumの分子育種」

目的:遺伝子導入技術は、植物の分子育種の基本技術である。そのひとつにAgrobacteriumを用いた間接法がある。この方法は実験植物においては効率的な遺伝子導入が可能である。しかし、その他の植物種においては品種や系統により遺伝子導入効率が低い。そのため分子育種を行う際の大きな大きな問題となっている。  Agrobacteriumにエチレン合成阻害物質を添加すると、Agrobacteriumによる遺伝子導入効率が向上することが示されている。この知見からAgrobacteriumを改良し、植物への遺伝子導入効率を向上させる目的で研究を行っている。  植物への遺伝子導入効率が向上することができれば、例えば耐乾性遺伝子を農作物に入れ、旱魃で苦しんでいる地域の食糧不足解決、または、深刻な砂漠化の解決策になるかもしれない。

Mail:s012023@ipe.tsukuba.ac.jp