全部表示する


教育研究内容


当研究室では、植物分子生理学を背景とした形質転換技術を含むバイオテクノロジーによる植物改変に関わる研究、並びに、バイオテクノロジー由来植物の環境影響(生物多様性影響)及び食品安全性評価に関する教育・研究に取り組んでいます。 近年は、気候変動問題の解決に資する木質バイオマス資源化植物の環境ストレス耐性の向上、木質改変に関するプロジェクトを中心に研究を展開しています。

T-PIRC遺伝子研究部門は、わが国の植物遺伝子・植物バイオテクノロジーの拠点研究機関であり、国内最大規模の特定網室や隔離ほ場が整備されています。当研究室では、これらの施設・設備を有効に活用した特色ある研究を行っています。また、これらの施設・設備を利用した他大学・研究機関・企業等との共同研究にも積極的に受け入れています。

研究内容の詳細については、研究紹介研究業績をご覧ください。

●○○○

○●○○

○○●○

○○○●

006744